• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

朝礼やスピーチで使える!名言集

結婚式
母の舌一枚が子供の一生を左右する。女は弱し、されど母は強し。男は天下を動かし、女は男を動かす。

母の舌一枚が子供の一生を左右する

 貧しい食料品店の息子に生まれたガンベッタが、フランスの大政治家になるまでの麗しき母子の物語。
 彼は十五、六歳のとき、町の洋服屋へ働きにいかされたが半年もたたないで帰ってきた。
 短気な父は叱りとばして、店の手伝いを言いつける。沈んでいる我が子を慈しむ母は、静かにやめた理由を尋ねた。
「あの仕事は、オレの気に向かんのです」
「では、どんなことがやりたいの」
「立派な政治家になって、みんなを幸せにしたいのです」
「大きな望みをもっても、途中でくじけてはなんにもなりませんよ」
「どんなに苦しくても、やりとげたいのです」
「それには、どれくらいお金がいるのかい」
「三百フランあればパリへ行って職を探し、必ず志を遂げます」
「おまえにさえ覚悟があるのならお母さん、なんとしてもその費用を用意してあげよう」
 決死の母は、やがて三百フランの金をガンベッタの前に並べて、
「さぁこれで存分におまえの望みを果たしなさい」
と励ました。
 驚いたガンベッタは、
「こんなに家は貧しいのに、どうしてこんな大金が……」。
「他人さまから、お借りしてきたのです」
「相当の担保がなければ、誰もこんな大金貸さないでしょう」
「もちろん、担保を入れてきましたよ」
「家にそんな担保になるようなものがあるのですか」
「ありますとも。私の舌を担保に入れたのよ。我が子が大政治家になるのに、ぜひ必要なお金なのです。必ずガンベッタに目的成就させてお返ししますからと、借用してきたのです」
〝断じてこの母をウソつきにしてはならないぞ〟
 それからのガンベッタの必死の努力が、ついにフランスの大政治家にしたのである。
 母の舌一枚が子供の一生を左右する。
 女は弱し、されど母は強し。
 男は天下を動かし、女は男を動かす。

出典

高森 顕徹 著
80話 より

光に向かって123のこころのタネ

高森 顕徹 著
80話 より

他人から注意してもらえるということは、有り難いこと
全文を読む
女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事が良ければ、一段と輝く。『べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き』だが、返事良ければ十割増し、となろう。人間関係が、グッと良くなり、多くの人に好かれ、愛され、得をすること間違いなしだ。実行しよう。
全文を読む
意見が衝突したら、独りしか渡れない丸太橋を思い出すことだ。左右から同時に渡れば二人とも動けなくなることは明らかである。先に譲った人が相手より幸せな人だ。譲られた人は、感謝して通ればまた幸せになれる。当然の如く通る人は、最も不幸な人である。
全文を読む
母の舌一枚が子供の一生を左右する。女は弱し、されど母は強し。男は天下を動かし、女は男を動かす。
全文を読む
あれを見よ みやまの桜 咲きにけり 真心つくせ 人しらずとも
全文を読む
馬がいうことをきかぬといって、馬ばかりを責めるのは、いたって愚かなこと。馬にも馬の事情があるはず。馬にいうことをきかそうと思うなら、馬がいうことをきくように、しむけてやらなくてはならぬ。まず、自分を改めることが一番じゃ。おわかりかな。 (禅僧・盤珪の言葉)
全文を読む
男のコンプレックスに、妻が土足で踏みこんではならない。ヤセがまんでは、すまなくなろう。
全文を読む
にくくては たたかぬものぞ 笹の雪
全文を読む
かんしゃくの くの字を捨てて ただ、かんしゃ
全文を読む
男は47、女は48の歯車でかみあっている。突然一つの山が、かちあうときがある。
全文を読む
謗るまじ たとえ咎ある人なりと 我が過ちは それに勝れり
全文を読む
ページトップへ