• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

ニュース&書評「光に向かって」の歴史

年別
2007年[ニュース]
『光に向かって』シリーズの言葉が、教員と生徒の心を結ぶ
2007年10月15日

宮崎県の中学校
『光に向かって』シリーズの元気がわく言葉が、
  教員と生徒の心を結ぶ

「1万年堂出版の『光に向かって100の花束』や『光に向かって心地よい果実』には、生徒たちを勇気づけ、前向きにする言葉が詰まっています」
 平成19年3月まで宮崎県内の中学校で社会科の臨時教員を勤めていた野崎香織さん(24)は、自信を持って語る。
 クラス副担任だった野崎さんは、毎朝、生徒から提出される自主学習ノートに『光に向かって』シリーズの中から、
「一番苦労する者は、最も大きな結果が得られる」
「難の中の難 乗り越えてこそ 光あり」
などの、元気がわく言葉を選んで書き添えるようにしていた。授業の合間や昼休みを使って30人分のノートに記すのは大変な作業である。下校時間に間に合わせようと、昼食の時間を削ることもあった。
 なぜ、そこまでして?
「私自身が、学生時代から、壁にぶつかった時や苦しい時に、『光に向かって』から力をもらってきたからです」
と答える野崎さんの心は、確実に生徒たちに伝わっていった。さらに秀吉や家康など、教科書に出てくる人物の、おもしろいエピソードを『光に向かって』から紹介したので、生徒たちの学習意欲が高まり、クラスの平均点が大幅にアップしたという。
 臨時教員の任期を終え、中学校を離れたあとも野崎さんと生徒たちの交流は続いている。
 ある女子生徒からは、
「いじめに遭い、生きることに疲れた」
と、手紙で打ち明けられた。
 野崎さんは何度か手紙で励まし、その子の誕生日に『光に向かって心地よい果実』をプレゼントした。生徒からは、すぐに次のような返信が届いた。
「先生、とても素敵な本のプレゼント、ありがとうございます。手紙と本を読んで、思わず感動して、泣いてしまいました。妹にも、『姉ちゃんはいい先生に出会えたね!』と言われました。難の難 乗り越えてこそ 光あり、ですよね! この言葉を励みに頑張ります」
 元気になってくれた様子が伝わってきて、野崎さんも、涙があふれたという。
 教員採用試験に合格し、来春から小学校へ赴任する野崎さんは、「この経験を生かして、子どもたちとの信頼関係を築いていきたい」と、抱負を語っている。

ページトップへ
2015年2月7日ニュース
『新装版 光に向かって123のこころのタネ』ラジオで朗読されています
2014年12月27日書評
新装版 光に向かって123のこころのタネ(とっとこ静岡〈静岡新聞土曜版〉)
2014年12月18日書評
新装版 光に向かって123のこころのタネ(『k+』高知新聞社発行)
2014年11月25日ニュース
『新装版 光に向かって123のこころのタネ』全国の書店で展開中!
2014年11月18日ニュース
創立15周年記念出版~『新装版 光に向かって123のこころのタネ』を発刊します
2014年6月30日ニュース
『新装版 光に向かって100の花束』つゆ(梅雨)読企画で書店フェア開催
2013年10月13日ニュース
朗読CDブック『光に向かって』ポルトガル語版発売!
2013年5月17日ニュース
『光に向かって123のこころのタネ』ポルトガル語版発売!
2012年6月21日ニュース
ポルトガル語版『光に向かって』ブラジルで大反響
2011年6月7日ニュース
『光に向かって100の花束』の朗読 岩手、宮城、福島でも、7月からラジオ放送スタート
2011年5月21日ニュース
福井新聞の1面コラムで、『光に向かって100の花束』の内容掲載
2011年4月12日ニュース
アメリカの書店でも『光に向かって』は大人気
2011年4月1日ニュース
『光に向かって100の花束』の朗読 ラジオ放送のご案内
2011年2月25日書評
新装版 光に向かって100の花束(新潟日報・信濃毎日新聞)
2011年2月19日書評
新装版 光に向かって100の花束(福島民報)
2011年2月4日書評
新装版 光に向かって100の花束(デーリー東北)
2011年1月9日書評
新装版 光に向かって100の花束(熊本日日新聞)
2010年12月24日ニュース
『光に向かって100の花束』の朗読 ラジオ放送のご案内
2009年9月1日ニュース
『光に向かって』の英語版、『Something You Forgot … Along the Way』発売
2008年10月1日ニュース
中国語版『光に向かって100の花束』百花文芸出版社から発売
2007年10月15日ニュース
『光に向かって』シリーズの言葉が、教員と生徒の心を結ぶ
2007年9月10日ニュース
『光に向かって100の花束』を結婚式で朗読
2007年5月20日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(宮崎日日新聞)
2007年5月9日ニュース
宮崎日日新聞の「私の本棚」に、『光に向かって心地よい果実』への感激の声
2007年4月28日ニュース
下宿を巣立った学生に、『光に向かって100の花束』をプレゼント
2007年3月9日ニュース
『光に向かって100の花束』を社員研修のテキストに
2007年3月5日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(長崎新聞)
2007年3月3日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(岩手日日)
2007年2月11日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(埼玉新聞)
2007年2月9日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(西日本新聞・夕刊)
2007年2月4日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(上毛新聞)
2007年1月19日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(山梨日日新聞)
2007年1月16日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(山口新聞)
2006年12月31日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(山形新聞)
2006年7月30日ニュース
保育園の創立記念品に日めくりカレンダー『光に向かって こころの花束』
2005年12月28日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(大分合同新聞)
2005年12月19日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(フジサンケイ ビジネスアイ)
2005年12月18日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(奈良新聞)
2005年12月5日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(山口新聞)
2005年11月27日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(福島民友)
2005年11月18日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(日本海新聞 くらし・家庭面)
2004年4月29日ニュース
北陸中日新聞の投書欄に、『光に向かって100の花束』への感激の声
2004年4月1日ニュース
『光に向かって100の花束』韓国語版が誕生
2004年3月3日ニュース
熊本日日新聞の投書欄に、『光に向かって』への感激の声
2003年5月11日書評
光に向かって心地よい果実(福島民友)
2003年5月7日書評
光に向かって心地よい果実(毎日新聞)
2003年5月7日書評
光に向かって心地よい果実(神戸新聞)
2003年5月5日書評
光に向かって心地よい果実(山口新聞)
2003年5月3日書評
光に向かって心地よい果実(福島民報)
2003年5月1日書評
光に向かって心地よい果実(岩手日報)
2003年4月30日書評
光に向かって心地よい果実(東奥日報)
2003年4月27日書評
光に向かって心地よい果実(琉球新報)
2003年4月23日書評
光に向かって心地よい果実(全私学新聞)
2003年4月20日書評
光に向かって心地よい果実(伊勢新聞)
2003年4月19日書評
光に向かって心地よい果実(東京新聞夕刊)
2003年3月15日書評
光に向かって心地よい果実(週刊ダイヤモンド)
2002年4月5日書評
光に向かって123のこころのタネ(日本工業新聞)
2002年4月1日書評
光に向かって123のこころのタネ(教育新聞)
2002年3月31日書評
光に向かって123のこころのタネ(福島民友)
2002年3月31日書評
光に向かって123のこころのタネ(日本農業新聞)
2002年3月25日書評
光に向かって123のこころのタネ(日本海新聞)
2002年3月24日書評
光に向かって123のこころのタネ(山梨日日新聞)
2002年3月23日書評
光に向かって123のこころのタネ(全私学新聞)
2002年3月11日書評
光に向かって123のこころのタネ(山口新聞)
2002年3月10日書評
光に向かって123のこころのタネ(山形新聞)
2001年1月29日書評
光に向かって100の花束(日本農業新聞)
2001年1月23日書評
光に向かって100の花束(全私学新聞)
2000年12月6日書評
光に向かって100の花束(毎日新聞)
2000年12月4日書評
光に向かって100の花束(毎日新聞)
2000年11月19日書評
光に向かって100の花束(福島民友)
2000年11月14日書評
光に向かって100の花束(日本海新聞)
2000年11月5日書評
光に向かって100の花束(西日本新聞)
2000年10月29日書評
光に向かって100の花束(静岡新聞)
2000年9月16日書評
光に向かって100の花束(週刊ダイヤモンド)
ページトップへ