• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

ニュース&書評「光に向かって」の歴史

年別
2000年[書評]
光に向かって100の花束(週刊ダイヤモンド)
2000年9月16日

井狩春男の これは売れる!
 
『光に向かって100の花束』
高森顕徹
 
■300ポイント
 まったく新しい出版社の誕生には、心からお祝い申し上げ、いつまでも続くようお祈りしたい。持続することに意義がある。最初の何点かを出すことぐらいなら、だれにでもできる。続けて、人たちの糧となるような本を残されることを望むばかりだ。
 1万年堂出版。……イイ名だ。
 1万年も読み継がれる、時代を超えて生き続ける出版を目ざす、という高貴な精神とスケールの大きさが、なんとも心を明るくしてくれるではないか。
 第1弾のゲラを拝読したが、これがとてもイイ。だれでも読める内容であるが、小生は、特に青少年に読ませたいと思った。この本を読んで非行が直る子は多いだろう。希望の光をいっぱいに受け止めて、大きく成長する子も。ビジネスマンなら、「日常生活の善根から生ずる」真の幸福を知ることになるだろう。
 高森顕徹著『光に向かって100の花束』(1万年堂出版)は、処女出版にふさわしいスバラシイ本だ。
「善因善果、悪因悪果、自因自果、カボチャの種からナスビの芽が出た、ためしがない。まいたタネしか、生えてはこないのだ」。結果はすぐに表れたり、あるいは数十年後、また来世に結ぶこともあるが、いつかは必ず果報を受ける。この本は、光に向かっての知恵を、実にオモシロい話100にまとめている。「約束は、必ず果たさなければならない」、「悪人ばかりだとケンカにならない」、「夫婦はもともと、他人である。だから、ケンカもする」、「忙しい人ほど勉強している」、「ある夜、王様は、市街の真ん中に、大きな石を置いてみた」、「にこやかな笑顔と明るい挨拶ほど、世の中を楽しくするものはない」、「花嫁が泣くのは、初めて親心のありがたさを知るからだ」、「智恵ある者に怒りなし。よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず」、「施した恩は思ってはならぬ。受けた恩は忘れてはならない」、「多くのことを知るのが賢いのではない。最も大事なことを知ることだ」、「下等な人間は舌を愛し、中等な人間は身を愛し、上等な人間は心を愛する」、「一番おいしいものは塩、一番まずいのも塩」、「蒔かぬ種は生えない。因果の大道理を知らぬ者は哀れなり」、「お嫁に行ったら、毎日好い着物を着て、美味しい物を食べて、よくお化粧するのですよ」、「己を変えれば、夫も妻も子供もみな変わる」……。
 これら真理は、すべて「身近」を満足している。300ポイント。

ページトップへ
2015年2月7日ニュース
『新装版 光に向かって123のこころのタネ』ラジオで朗読されています
2014年12月27日書評
新装版 光に向かって123のこころのタネ(とっとこ静岡〈静岡新聞土曜版〉)
2014年12月18日書評
新装版 光に向かって123のこころのタネ(『k+』高知新聞社発行)
2014年11月25日ニュース
『新装版 光に向かって123のこころのタネ』全国の書店で展開中!
2014年11月18日ニュース
創立15周年記念出版~『新装版 光に向かって123のこころのタネ』を発刊します
2014年6月30日ニュース
『新装版 光に向かって100の花束』つゆ(梅雨)読企画で書店フェア開催
2013年10月13日ニュース
朗読CDブック『光に向かって』ポルトガル語版発売!
2013年5月17日ニュース
『光に向かって123のこころのタネ』ポルトガル語版発売!
2012年6月21日ニュース
ポルトガル語版『光に向かって』ブラジルで大反響
2011年6月7日ニュース
『光に向かって100の花束』の朗読 岩手、宮城、福島でも、7月からラジオ放送スタート
2011年5月21日ニュース
福井新聞の1面コラムで、『光に向かって100の花束』の内容掲載
2011年4月12日ニュース
アメリカの書店でも『光に向かって』は大人気
2011年4月1日ニュース
『光に向かって100の花束』の朗読 ラジオ放送のご案内
2011年2月25日書評
新装版 光に向かって100の花束(新潟日報・信濃毎日新聞)
2011年2月19日書評
新装版 光に向かって100の花束(福島民報)
2011年2月4日書評
新装版 光に向かって100の花束(デーリー東北)
2011年1月9日書評
新装版 光に向かって100の花束(熊本日日新聞)
2010年12月24日ニュース
『光に向かって100の花束』の朗読 ラジオ放送のご案内
2009年9月1日ニュース
『光に向かって』の英語版、『Something You Forgot … Along the Way』発売
2008年10月1日ニュース
中国語版『光に向かって100の花束』百花文芸出版社から発売
2007年10月15日ニュース
『光に向かって』シリーズの言葉が、教員と生徒の心を結ぶ
2007年9月10日ニュース
『光に向かって100の花束』を結婚式で朗読
2007年5月20日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(宮崎日日新聞)
2007年5月9日ニュース
宮崎日日新聞の「私の本棚」に、『光に向かって心地よい果実』への感激の声
2007年4月28日ニュース
下宿を巣立った学生に、『光に向かって100の花束』をプレゼント
2007年3月9日ニュース
『光に向かって100の花束』を社員研修のテキストに
2007年3月5日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(長崎新聞)
2007年3月3日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(岩手日日)
2007年2月11日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(埼玉新聞)
2007年2月9日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(西日本新聞・夕刊)
2007年2月4日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(上毛新聞)
2007年1月19日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(山梨日日新聞)
2007年1月16日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(山口新聞)
2006年12月31日書評
朗読CD付光に向かって虹のわたる海(山形新聞)
2006年7月30日ニュース
保育園の創立記念品に日めくりカレンダー『光に向かって こころの花束』
2005年12月28日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(大分合同新聞)
2005年12月19日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(フジサンケイ ビジネスアイ)
2005年12月18日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(奈良新聞)
2005年12月5日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(山口新聞)
2005年11月27日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(福島民友)
2005年11月18日書評
朗読CD付光に向かって花いっぱいの散歩道(日本海新聞 くらし・家庭面)
2004年4月29日ニュース
北陸中日新聞の投書欄に、『光に向かって100の花束』への感激の声
2004年4月1日ニュース
『光に向かって100の花束』韓国語版が誕生
2004年3月3日ニュース
熊本日日新聞の投書欄に、『光に向かって』への感激の声
2003年5月11日書評
光に向かって心地よい果実(福島民友)
2003年5月7日書評
光に向かって心地よい果実(毎日新聞)
2003年5月7日書評
光に向かって心地よい果実(神戸新聞)
2003年5月5日書評
光に向かって心地よい果実(山口新聞)
2003年5月3日書評
光に向かって心地よい果実(福島民報)
2003年5月1日書評
光に向かって心地よい果実(岩手日報)
2003年4月30日書評
光に向かって心地よい果実(東奥日報)
2003年4月27日書評
光に向かって心地よい果実(琉球新報)
2003年4月23日書評
光に向かって心地よい果実(全私学新聞)
2003年4月20日書評
光に向かって心地よい果実(伊勢新聞)
2003年4月19日書評
光に向かって心地よい果実(東京新聞夕刊)
2003年3月15日書評
光に向かって心地よい果実(週刊ダイヤモンド)
2002年4月5日書評
光に向かって123のこころのタネ(日本工業新聞)
2002年4月1日書評
光に向かって123のこころのタネ(教育新聞)
2002年3月31日書評
光に向かって123のこころのタネ(福島民友)
2002年3月31日書評
光に向かって123のこころのタネ(日本農業新聞)
2002年3月25日書評
光に向かって123のこころのタネ(日本海新聞)
2002年3月24日書評
光に向かって123のこころのタネ(山梨日日新聞)
2002年3月23日書評
光に向かって123のこころのタネ(全私学新聞)
2002年3月11日書評
光に向かって123のこころのタネ(山口新聞)
2002年3月10日書評
光に向かって123のこころのタネ(山形新聞)
2001年1月29日書評
光に向かって100の花束(日本農業新聞)
2001年1月23日書評
光に向かって100の花束(全私学新聞)
2000年12月6日書評
光に向かって100の花束(毎日新聞)
2000年12月4日書評
光に向かって100の花束(毎日新聞)
2000年11月19日書評
光に向かって100の花束(福島民友)
2000年11月14日書評
光に向かって100の花束(日本海新聞)
2000年11月5日書評
光に向かって100の花束(西日本新聞)
2000年10月29日書評
光に向かって100の花束(静岡新聞)
2000年9月16日書評
光に向かって100の花束(週刊ダイヤモンド)
ページトップへ