• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

朝礼やスピーチで使える!名言集

職場(朝礼)
松明で陸は見えませぬ。松明は足元を照らすもの。遠いほうを見るときは、かえって、その光がじゃまします。そんなとき私たちは、ワザと松明を消すのです。

目先に一喜一憂しては、遠大な未来を見とおせない

 イタリア、オーストリアと戦い、連勝のナポレオンが凱旋した。
 イルミネーションや旗行列、たいまつや鐘、祝砲など、国民の慶賀は、その極に達する。
 部下の一人が、うやうやしく祝辞をのべた。
「閣下、このような盛大な歓迎を受けられ、さぞ、ご満悦でありましょう」
 意外にもそのとき、ナポレオンは、冷然と、こう言っている。
「ばかを申すな。表面だけの騒ぎを喜んでいたら大間違いだ。彼らは、少しでも情勢が変われば、またおれを〝断頭台に送れ〟と言って、やはり、このように騒ぐだろう。雷同の大衆の歓迎など、あてになるものか」

 幕末の剣客で名高い千葉周作が、ある晩、二、三の門弟を連れて、品川へ魚つりに出かけた。
 松明を照らして、沖へ沖へと魚を求めてゆくうちに、方角を見失ってしまった。
 どちらが陸か。
 さすがの周作先生も、ろうばいして、多くの松明をどんどん燃やさせ、四方をうかがうが、まったく見当がつかない。
 あせりながら海上を、さまよううちに、たよりの松明が尽きた。
 いよいよこれまでかと観念した。ところが、よくぞ言ったもの。
〝窮すれば転ず、転ずれば通ず〟あたりが真っ暗になるにつれ、闇の中にくっきりと、濃い陸地の影が見えてきたではないか。
 一同、歓呼の声をあげた。
 後日、周作が、その体験を知人の漁夫に話すと、ニコニコしながら、こう言ったという。
「先生らしくもないことです。松明で陸は見えませぬ。松明は足元を照らすもの。遠いほうを見るときは、かえって、その光がじゃまします。そんなとき私たちは、ワザと松明を消すのです」
 松明にたよっている間は、遠い陸地が見えないのだ。

 目先に一喜一憂していては、遠大な未来を見とおすことはできないのである。

出典

光に向かって 100の花束

高森顕徹 著
57話 より

新装版 光に向かって100の花束

高森 顕徹 著
57話 より
100パーセントの正直が出世の肝要
全文を読む
人は城 人は石垣 人は堀 情は味方 仇は大敵 (戦国武将の言葉)
全文を読む
川の水を飲み干すことができずとも、ノドの渇きは癒せるように、一切は自分の蒔いたもの、蒔かぬタネは生えぬと反省し、一つ一つ誠心誠意、できることから着実に対応してゆけば、思わぬ道が開けてくるものである。
全文を読む
誠実安穏に暮らしていても時として、あらぬウワサや中傷に驚き、悩み苦しみ腹立つことがある。しかし、やがて時の流れが洗い出す事実は、名人の打つ太鼓のように遠く世に響くのである。
全文を読む
それはムダだよ、フクロウさん。いくら所を変えたって、おまえの声を変えないかぎり、いく先の者はやはり、おまえを嫌うだろう。古巣を捨てる覚悟があれば、声を変える努力を。
全文を読む
私は多年消防に従事していますため、火炎の色を見て、あれは木が焼けている炎だ、あれは金が焼けているものだ、ということがわかります。今あなたの絵を見ますと、炎の色が、確かに金物の焼けている色です。 (熟練消防士の言葉)
全文を読む
原因が女であれなんであれ、最も団結を要する戦いに、幹部が不統一だということは、戦わずして負けたも同然だ。
全文を読む
松明で陸は見えませぬ。松明は足元を照らすもの。遠いほうを見るときは、かえって、その光がじゃまします。そんなとき私たちは、ワザと松明を消すのです。
全文を読む
天下のことも同じこと。何事も早く、見切りをつけてはならぬということだ。工夫とねばりの大切さ。よいことを教えてくれたぞ。 (徳川家康の言葉)
全文を読む
君は、ニセモノのチャーチルを見わける眼力を備えている。さだめて犯人を見破るのもうまかろう。これは鑑識力にたいする昇進だ。 (イギリスの首相・チャーチルの言葉)
全文を読む
私は公開の席に出るには、1日50回、1カ月1500回以上の、練習をしなければ出演いたしません。 (音楽家・タルベルグの言葉)
全文を読む
忙しい時間を活かすか殺すかは、その人の覚悟次第である。
全文を読む
ページトップへ