• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

朝礼やスピーチで使える!名言集

結婚式
謗るまじ たとえ咎ある人なりと 我が過ちは それに勝れり

悪人ばかりだとケンカにならない
一家和楽の秘訣

 ある所に、内輪ゲンカの絶えないA家と、平和そのもののB家とが隣接していた。
 ケンカの絶えないA家の主人は、隣はどうして仲よくやっているのか不思議でたまらず、ある日、B家を訪ねて懇願した。
「ご承知のとおり、私の家はケンカが絶えず困っております。お宅はみなさん仲よくやっておられますが、なにか秘訣でもあるのでしょうか。一家和楽の方法があったら、どうか教えていただきたい」
「それはそれは、別にこれといった秘訣などございません。ただお宅さまは、善人さまばかりのお集まりだからでありましょう。私の家は悪人ばかりがそろっていますので、ケンカにはならないのです。ただそれだけのことです」

 てっきり皮肉られているのだと、A家の主人は激怒して、
「そんなばかな!!」と、言おうとしたとき、B家の奥で大きな音がした。
 どうも皿かお茶碗でも割ったようである。
「お母さん、申し訳ありませんでした。
 私が足元を確かめずにおりましたので、大事なお茶碗をこわしてしまいました。私が悪うございました。お許しください」
 心から詫びている、お嫁さんの声がする。
「いやいや、おまえが悪かったのではありません。先ほどから始末しようしようと思いながら横着して、そんなところに置いた私が悪かったのです。すまんことをいたしました」
と、続いて姑さんの声が聞こえてきた。

「なるほど、この家の人たちは、みんな悪人ばかりだ。ケンカにならぬ理由がわかった」
 A家の主人は感心して帰ったという。

   謗るまじ たとえ咎ある 人なりと
       我が過ちは それに勝れり

出典

光に向かって 100の花束

高森顕徹 著
4話 より

新装版 光に向かって100の花束

高森 顕徹 著
4話 より
他人から注意してもらえるということは、有り難いこと
全文を読む
女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事が良ければ、一段と輝く。『べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き』だが、返事良ければ十割増し、となろう。人間関係が、グッと良くなり、多くの人に好かれ、愛され、得をすること間違いなしだ。実行しよう。
全文を読む
意見が衝突したら、独りしか渡れない丸太橋を思い出すことだ。左右から同時に渡れば二人とも動けなくなることは明らかである。先に譲った人が相手より幸せな人だ。譲られた人は、感謝して通ればまた幸せになれる。当然の如く通る人は、最も不幸な人である。
全文を読む
母の舌一枚が子供の一生を左右する。女は弱し、されど母は強し。男は天下を動かし、女は男を動かす。
全文を読む
あれを見よ みやまの桜 咲きにけり 真心つくせ 人しらずとも
全文を読む
馬がいうことをきかぬといって、馬ばかりを責めるのは、いたって愚かなこと。馬にも馬の事情があるはず。馬にいうことをきかそうと思うなら、馬がいうことをきくように、しむけてやらなくてはならぬ。まず、自分を改めることが一番じゃ。おわかりかな。 (禅僧・盤珪の言葉)
全文を読む
男のコンプレックスに、妻が土足で踏みこんではならない。ヤセがまんでは、すまなくなろう。
全文を読む
にくくては たたかぬものぞ 笹の雪
全文を読む
かんしゃくの くの字を捨てて ただ、かんしゃ
全文を読む
男は47、女は48の歯車でかみあっている。突然一つの山が、かちあうときがある。
全文を読む
謗るまじ たとえ咎ある人なりと 我が過ちは それに勝れり
全文を読む
ページトップへ