• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

朝礼やスピーチで使える!名言集

結婚式
かんしゃくの くの字を捨てて ただ、かんしゃ

かんしゃくの、くの字を捨てて、ただ感謝

 ある高僧のところへ、短気で困っている男が相談にきた。
「私は生まれつき短気者で困っております。短気は損気と申しますが、まったく腹を立てた後は、自分も気分悪うございますし、他人の感情も害して悔やむのですが、後の祭り、どうにもなりません。なんとか私のこの短気を、治していただきたいと思って参上いたしました」
 ニコニコ笑いながら聞いていた高僧は、
「なるほど、聞けばそなたは、なかなかおもしろいものを持って生まれてきたものじゃ。治してしんぜるほどに、その短気とやらをひとつ、私に見せてもらいたい。今もお持ちかな」
「へえ、短気を今ここへ出して見せろと言われましても、ただ今は、べつに短気をおこすあてもありませんので。ただ今は、ございません」
「しかし先ほど、そなたの話では、生まれつき持っていると言ったでないか。持っていれば、身体のどこかにかくれているはずだ。遠慮することはない、おもいきって出してみなされ」
「いや、ただ今は身体中を探しても、どうも、その短気が見あたりません」
「しかしどこかにあるだろう、どこにあるのかな」
「そう言われると困りますが、今のところ、どこにもありません」

「そうじゃろう。ある道理がないのだ。そなたは、生まれながら短気じゃと言うが、元来、短気というものはないのだ。今後、ムラムラとカンシャク玉が破裂しそうになったら、この短気やろう、どこから出てくるのか出所を探してみるがよい。
 どうかしたおりに、そなた自身が出すのだ。自分が出さなければ、どうして短気が出るものか。己が出しておいて、生まれつきというのは勝手なことだ」
と諭したという。
 ならぬ堪忍、するが堪忍。大切なのは心であり、心の持ちようである。

   かんしゃくの
    くの字を捨てて
     ただ、かんしゃ

出典

光に向かって 100の花束

高森顕徹 著
11話 より

新装版 光に向かって100の花束

高森 顕徹 著
11話 より
他人から注意してもらえるということは、有り難いこと
全文を読む
女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事が良ければ、一段と輝く。『べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き』だが、返事良ければ十割増し、となろう。人間関係が、グッと良くなり、多くの人に好かれ、愛され、得をすること間違いなしだ。実行しよう。
全文を読む
意見が衝突したら、独りしか渡れない丸太橋を思い出すことだ。左右から同時に渡れば二人とも動けなくなることは明らかである。先に譲った人が相手より幸せな人だ。譲られた人は、感謝して通ればまた幸せになれる。当然の如く通る人は、最も不幸な人である。
全文を読む
母の舌一枚が子供の一生を左右する。女は弱し、されど母は強し。男は天下を動かし、女は男を動かす。
全文を読む
あれを見よ みやまの桜 咲きにけり 真心つくせ 人しらずとも
全文を読む
馬がいうことをきかぬといって、馬ばかりを責めるのは、いたって愚かなこと。馬にも馬の事情があるはず。馬にいうことをきかそうと思うなら、馬がいうことをきくように、しむけてやらなくてはならぬ。まず、自分を改めることが一番じゃ。おわかりかな。 (禅僧・盤珪の言葉)
全文を読む
男のコンプレックスに、妻が土足で踏みこんではならない。ヤセがまんでは、すまなくなろう。
全文を読む
にくくては たたかぬものぞ 笹の雪
全文を読む
かんしゃくの くの字を捨てて ただ、かんしゃ
全文を読む
男は47、女は48の歯車でかみあっている。突然一つの山が、かちあうときがある。
全文を読む
謗るまじ たとえ咎ある人なりと 我が過ちは それに勝れり
全文を読む
ページトップへ