• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

朝礼やスピーチで使える!名言集

結婚式
にくくては たたかぬものぞ 笹の雪

花嫁が泣くのは、初めて親心のありがたさを知るからだ

 ある娘が嫁いだ。
 結婚式も披露宴も無事にすんだ翌日、花嫁は姑に両手をついてたずねた。
「お母さま、今日は、なにをしたらよいでしょうか」
「まあ、ここしばらくは急ぐこともないし、おまえも疲れているだろうから休みなさい」
 姑は、やさしくいたわった。
「いいえ、お母さま。私なら少しも疲れてはおりません。へたですが縫い物でもあったら手伝わせてください」
「そんなにまで言ってくれるのなら、ゆっくりでよいから、この着物を一枚、縫ってもらおうか」
 姑は、緋縮緬の裏表打ち通しのものを出してきた。
 これは自分の腕だめしだ。立派に縫い上げねばと花嫁は、その晩遅くまでかかって仕立てあげた。
「おはようございます、お母さま。昨日お預かりしました縮緬の着物、不出来ではございますが、やっと縫いあげました。どうぞ、ごらんください」
 あまりの速いのと、見れば、実にきれいに縫えているのに、姑は二度びっくり。さっそく、近所隣まで見せにまわるという喜びようであった。

 花嫁は、うれしさが胸いっぱいにこみあげてくると同時に、実家の母のことが思い出されて泣いた。
 日ごろ、「こんな縫いざまがあるか」「なんという不調法な子だろう」「もっと性根を入れて縫わないか」と、さんざん叱られて、幾度も縫い直しをさせられたときは、母を恨み、怒っていた自分であった。
 しかしあのように、厳しく叱って鍛えておいてくだされたからこそ、みなさんに、ほめてもらえることができたのだ。
 今にしてはじめて、尊い母の心づかいを知って花嫁は、親心のありがたさに泣いたという。
  にくくては たたかぬものぞ 笹の雪

出典

光に向かって 100の花束

高森顕徹 著
17話 より

新装版 光に向かって100の花束

高森 顕徹 著
17話 より
他人から注意してもらえるということは、有り難いこと
全文を読む
女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事が良ければ、一段と輝く。『べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き』だが、返事良ければ十割増し、となろう。人間関係が、グッと良くなり、多くの人に好かれ、愛され、得をすること間違いなしだ。実行しよう。
全文を読む
意見が衝突したら、独りしか渡れない丸太橋を思い出すことだ。左右から同時に渡れば二人とも動けなくなることは明らかである。先に譲った人が相手より幸せな人だ。譲られた人は、感謝して通ればまた幸せになれる。当然の如く通る人は、最も不幸な人である。
全文を読む
母の舌一枚が子供の一生を左右する。女は弱し、されど母は強し。男は天下を動かし、女は男を動かす。
全文を読む
あれを見よ みやまの桜 咲きにけり 真心つくせ 人しらずとも
全文を読む
馬がいうことをきかぬといって、馬ばかりを責めるのは、いたって愚かなこと。馬にも馬の事情があるはず。馬にいうことをきかそうと思うなら、馬がいうことをきくように、しむけてやらなくてはならぬ。まず、自分を改めることが一番じゃ。おわかりかな。 (禅僧・盤珪の言葉)
全文を読む
男のコンプレックスに、妻が土足で踏みこんではならない。ヤセがまんでは、すまなくなろう。
全文を読む
にくくては たたかぬものぞ 笹の雪
全文を読む
かんしゃくの くの字を捨てて ただ、かんしゃ
全文を読む
男は47、女は48の歯車でかみあっている。突然一つの山が、かちあうときがある。
全文を読む
謗るまじ たとえ咎ある人なりと 我が過ちは それに勝れり
全文を読む
ページトップへ