• HOME
  • 「光に向かって」シリーズ紹介
  • 朝礼やスピーチで使える!名言集
  • 著者紹介
  • 読者からの声
  • 「光に向かって」の歴史

朝礼やスピーチで使える!名言集

就職活動
小を軽視する者は大を失う (大北鉄道会社社長 ジェームス・ヒルの言葉)

小を軽視する者は大を失う

 大北鉄道会社の社長ジェームス・ヒル氏が、ある時ワシントン州の一等旅館シャトルホテルに投宿した。
“夕刻、全従業員は大広間に集合せよ”
 支配人の命令である。
 今をときめく大会社の成金社長のこと、どんなにチップをはずむことかと、みんな胸ふくらませていた。
 やがてヒル氏は笑顔で現れ、
「私は本日、当ホテルにお世話になります。初めてお目にかかる皆様に、何か差し上げたいと思いましたが、あいにく持ち合わせがありません。
 ほんの印だがこの度は、これを受け取って貰いたい。2週間後にもう一度参りますから、それまで大切に保管していてください」。
 こう言って50セントの白銅貨を1個ずつ従業員の全てに渡した。
 期待が大きかったので失望も大きかったのだろう。
 ボーイたちは嘲るやら怒るやら、短気な者は窓から投げ捨てる始末。ほとんどの者はタバコ銭や湯銭にその日のうちに費やした。
 約束どおり2週間後に来館したヒル氏は、また100人余りの従業員を大広間に集めて、こう言った。
「過日お渡しした白銅貨をお持ちの方は申し出てください。5ドル金貨と引き換えてあげましょう」
 忠実にヒル氏の言葉を守っていた1人の青年が白銅貨を渡すと、表裏を確かめたヒル氏は5ドル金貨を手渡した。
 顔を見合わせて2、3の青年が、自分の財布の中の白銅貨を差し出すとヒル氏は、
「私の差し上げたものには印がしてあります。これにはその印がありません。ほかに先日差し上げた白銅貨をお持ちの方はありませんか。どうぞ、ご遠慮なく」。
 誰もがしかし、ヒル氏から貰った白銅貨を提出する者はいなかったという。

“小を軽視するものは、大を失う”

 青年たちの未来に、ヒル氏が訴えたかったことであろう。

出典

高森 顕徹 著
77話 より

光に向かって123のこころのタネ

高森 顕徹 著
77話 より


挨拶は、前向きに大きな声が大事
全文を読む
100パーセントの正直が出世の肝要
全文を読む
人は城 人は石垣 人は堀 情は味方 仇は大敵 (戦国武将の言葉)
全文を読む
他人から注意してもらえるということは、有り難いこと
全文を読む
小を軽視する者は大を失う (大北鉄道会社社長 ジェームス・ヒルの言葉)
全文を読む
川の水を飲み干すことができずとも、ノドの渇きは癒せるように、一切は自分の蒔いたもの、蒔かぬタネは生えぬと反省し、一つ一つ誠心誠意、できることから着実に対応してゆけば、思わぬ道が開けてくるものである。
全文を読む
女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事が良ければ、一段と輝く。『べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き』だが、返事良ければ十割増し、となろう。人間関係が、グッと良くなり、多くの人に好かれ、愛され、得をすること間違いなしだ。実行しよう。
全文を読む
意見が衝突したら、独りしか渡れない丸太橋を思い出すことだ。左右から同時に渡れば二人とも動けなくなることは明らかである。先に譲った人が相手より幸せな人だ。譲られた人は、感謝して通ればまた幸せになれる。当然の如く通る人は、最も不幸な人である。
全文を読む
母の舌一枚が子供の一生を左右する。女は弱し、されど母は強し。男は天下を動かし、女は男を動かす。
全文を読む
この峠が楽に越されたら、だれでも越して商売するから、あまりもうからないのだ。この峠が、もっと高くて険しければ、だれも、この峠を越えて商いをする者がいなくなる。それを越していけば、商売は大繁盛するのだ。 (江州商人の言葉)
全文を読む
ページトップへ